お問い合わせ

行政書士とは

行政書士とは、許認可・登録申請・遺言や相続、様々な契約・届出などの相談から書類作成を行うことが認められた資格です。

名前の似た資格に司法書士がありますが、司法書士の主な業務は法務局や裁判所、検察庁に提出する書類の作成で、具体的には登記または供託に関する手続きを行います。また、社会保険労務士は労働及び社会保険に関する法令に基づく書類の作成等を主な業務としています。税理士は税務署に提出する書類の作成等、弁理士は特許庁に提出する書類の作成等を主な業務としています。弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によって、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立て事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とします。

行政書士は、これら各士業の独占業務を除いた官公署に提出する書類の作成を業務としています。少し分かりづらいと思いますが、お困りの時はまずご相談いただければ、そこから専門家をご紹介することもできますので、身近な街の法律家として活用していただければ幸いです。

当事務所の主な取り扱い業務に付きましては、画面左のサイトメニューをクリックして、ご確認ください。行政書士の業務範囲は非常に広いため、全てを掲載することは出来ませんが、このメニューにない業務の内容でも一生懸命対応致しますので、まずはご相談ください。

お問い合わせ